どうすれば虫歯や歯周病を防げるの?


 

「それでは、どうしたら虫歯や歯周病を防げるの?」

「私は毎日歯を磨いているのに虫歯になってしまったけど・・・?」

そんな疑問をお持ちになった方も多いのではないでしょうか。

今や毎日歯を磨く日本人の割合は95%以上。それにも関わらず、96%の人が虫歯にかかり、80%以上の人が歯周病にかかっているのが現状です。

なぜ毎日歯を磨いているのに、虫歯や歯周病になってしまうのでしょうか?

その理由は、

  • 念入りに歯磨きしていても、すみずみまできれいにするのはとても難しいから

なのです。

歯のプロである歯科衛生士でも、歯に着いた汚れをすみずみまでキレイに落とそうとすると、歯磨きに20分くらいの時間がかかります。普通の人で20分も磨く人はいないでしょうから、どうしても磨き残しが出てしまう。この磨き残しが原因で虫歯や歯周病になってしまうというわけなのです。

 

でも逆に言えば、磨き残した汚れを落とせれば、虫歯や歯周病を防げるということ。
実際、この磨き残した汚れを落として虫歯歯周病激減させた国が北欧に存在します。それがスウェーデンです。
P2-2_01_01.png

 

ではここで、スウェーデンについて少しお話をしましょう。

今からおよそ30年前のスウェーデンは、虫歯の洪水と言われるほど虫歯や歯周病が多い国でした。

「このままではいけない」と危機感を持った政府は、国を挙げて予防歯科治療に取り組むことにしました。


予防歯科治療の内容を具体的にご説明すると、

  • 国民に定期的に歯科医院を受診させて、
  • 歯のプロである歯科衛生士が専門の機械を使って
  • 高度なスキルで「磨き残した汚れ」を徹底的に落とした

のです。

この予防歯科治療を数か月に1度の割合で行ったところ、虫歯や歯周病はみるみる減少

今では虫歯は日本の半分以下、歯周病は日本の1/4以下まで激減しました。(右上のグラフ) 

このように、数か月に1度の割合で予防歯科治療を受けると、虫歯や歯周病を予防できるということが、スウェーデンの事例から証明されました。

日本でも同じように、予防歯科の治療を受けていただければ、虫歯や歯周病を防げる可能性はグッと高まるのです。

▲このページのトップに戻る