予防歯科治療ってどんなことをするの?

先ほど、予防歯科では歯科衛生士が専門の機械を使って、高度なスキルで磨き残した汚れを落とす・・・というお話しをしました。

でも実は、これ以外にも予防歯科で行う治療がありますので、こちらではどんなことをするのかをより具体的にご紹介していきたいと思います。

 

GUM06_PH04009 200×150.jpg

(1)虫歯や歯周病の検査

特殊な器具やレントゲンを使って、虫歯や歯周病にかかっていないかを検査します。

既に虫歯や歯周病にかかっている場合は、まずは虫歯や歯周病を治してから予防歯科の治療を行う必要があるからです。

crt1.jpg

(2)唾液検査

あなたにどんな予防歯科治療が必要なのかを判断するために、唾液を検査します。

唾液を調べると、あなたが虫歯にかかりやすいタイプなのかがわかるため、効率の良い予防歯科治療ができます。

IMG_0625 200×150.jpg

(3)PMTC(ピー エム ティー シー)

ふだん歯ブラシで念入りに磨いているつもりでも、歯と歯の間歯と歯茎の境目歯の細かい溝といった場所にこびりついた汚れは磨き残してしまいがち。前にもお話しましたが、実はこの磨き残した汚れが虫歯や歯周病の原因です。

歯のプロである歯科衛生士が、高度なスキルで磨き残した汚れを完全に落としてキレイにするのがPMTCです。

fusso.jpg

(4)フッ素塗布

定期的にフッ素を歯の表面に塗る虫歯になる可能性がグッと低くなります。これは、フッ素には虫歯菌が出す「酸」に負けない強い歯にする効果があるからです。

フッ素による虫歯予防効果は、世界中で認められているもの。
定期的なフッ素の塗布をおすすめしています。

IMG_0443 200×150.jpg

(5)効率の良い歯の磨き方をレクチャー

予防歯科の治療を受けたからといって、毎日の歯磨きをおろそかにして良いわけではありません。

予防歯科の治療は、毎日の歯磨きにプラスしてこそ、その効果が発揮されるものだからです。

しかしだからといって、闇雲に歯磨きをしているのでは、効果は限定的。そこで歯のプロが、効率の良い歯の磨き方をレクチャーさせていただきます。

IMG_0372 200×150.jpg

(6)虫歯や歯周病になりにくい生活習慣についてのアドバイス

歯を磨くタイミング、食事のとり方、おやつの食べ方等の生活習慣は、ちょっとした工夫で虫歯や歯周病にかかりにくくすることが可能です。

あなたの生活習慣をヒアリングしながら、虫歯や歯周病にかかりにくい生活習慣の身につけ方をアドバイスさせていただきます。


いかがですか?

 

これらの治療を必要に応じて組み合わせて行っていくのが予防歯科治療です。

先ほどもお話しましたが、予防歯科の効果はスウェーデンで実証済み。
虫歯や歯周病にかからずに、将来に渡って健康的な生活を送るため、あなたも予防歯科の治療を受けてみませんか?


yazirushi1.png世界最先端のスウェーデン式予防歯科をご提供
馬見塚デンタルクリニックの予防歯科治療はこちらへ

▲このページのトップに戻る