妊娠中のお母様へ

HJ043_L 200×150.jpg

元気な赤ちゃんを産むために
歯周病予防が大切

ご存知ですか?

妊娠中に歯周病にかかると、早産の危険が7.5倍高いことを。

なぜ、歯周病が早産の原因になるのか。理由は2つあります。

一つ目の理由は、体が歯周病菌を追い出そうとして、サイトカインとプロスタグランディンという物質を作り出すこと。
サイトカインやプロスタグランディンは、出産のGOサインを出す物質でもあるため、妊婦さんの体の中でこの物質が増えると、「もう赤ちゃんを産んでも大丈夫」と体が勘違いしてしまいます。体が勘違いした結果、まだ未成熟な状態の赤ちゃんが早く生まれてきてしまうのです。

二つ目の理由は、歯周病菌による羊膜の破壊。妊婦さんの口の中で歯周病菌が増殖すると、血流に乗って羊水に入り込みます。羊水に入り込んだ歯周病菌が毒素を出して羊膜を破壊するため、早産が起こるのです。

このように、歯周病を放っておくと、早産を引き起こして元気な赤ちゃんを産めなくなってしまうかもしれません。
生まれてくる赤ちゃんのために、歯周病を予防することはとても大切なことなのです。

 

▲このページのトップに戻る