どうしたら虫歯や歯周病を予防できるの?

care2.jpg

予防歯科治療の様子

「それでは、どうしたら虫歯や歯周病を防げるの?」

そんな疑問をお持ちになった方も多いのではないでしょうか。

今や日本人の95%以上の人が毎日歯を磨いています(※)。それなのに、虫歯や歯周病になる人が後を絶たないのは、なぜなのでしょうか?

それは

一生懸命歯を磨いても、細かいところの磨き残しがどうしてもあるから。

歯磨きのプロである歯科衛生士でも、歯ブラシだけで歯の汚れを全部落とそうとしたら、20分くらいかけて念入りに磨かないと落とすことができません。

普通の人は歯科衛生士ほどの歯磨きスキルを持っていないので、どうしても磨き残しができてしまい、その磨き残してしまった汚れが原因で、虫歯歯周病になってしまうのです。

 

そこで最近注目されているのが、歯科医院で受ける「予防歯科治療」。

予防歯科治療を受けると、虫歯や歯周病の原因となる磨き残しを徹底的に取り除いてくれるので、虫歯や歯周病になる可能性をぐ〜っと抑えられます。

この予防歯科治療を成人の80%以上が定期的に受けているスウェーデンでは、虫歯は日本の半分以下、歯周病は1/4以下しかありません。

日本でもスウェーデンと同じように定期的に予防歯科治療を受ければ、虫歯や歯周病を予防できることは間違いありません。

虫歯や歯周病を防いで、いつまでも健康で楽しく暮らすために、今から予防歯科治療を受けてみてはいかがでしょうか?

(※)平成17年歯科疾患実態調査より

 

▲このページのトップに戻る